倉庫物件のご案内

相模原センターのご紹介

『立地×安心×環境』

最新のソリューションを提供する物流倉庫

sagamihara_img01
sagamihara_img01

東京・川崎・横浜に隣接している物流拠点として最適な立地。
さらに圏央道「相模原愛川IC」に隣接している為、東西(関西圏⇔関東圏⇔東北圏)の幹線物流の結節点となるだけではなく、首都圏広域をもカバーできる物流拠点の最適地。

sagamihara_img02
sagamihara_img01

強固な地盤に覆われている相模原台地、地震に強いとされる関東ローム層が20m以上堆積されています。もともと耐震性にすぐれたPC圧着関節工法に免震構造を持つことにより震度7の地震に耐えられる性能設計を持っております。BCP対策の観点からもご満足いただける構造です。

sagamihara_img03

PC圧着関節工法とは

PC圧着関節工法は台座ブロックを用いてPC柱の施工を安全かつ容易に行い、柱に設けたあごに梁を載せケーブルにより一体化を図る工法です。 この工法はまれに発生する大地震においても柱梁等の構造部材は健全な状態にあり、かつ、2次ケーブルは弾性範囲内にあることを原則としています。圧着接合部分のあごを人間の関節と同様に回転させることによって地震のエネルギーを吸収することができる構造システムです。PC圧着関節工法は耐久建築物の条件をすべてクリアする工法です。

sagamihara_img01

株式会社ギオンでは事業における省エネルギーの取り組みを継続すると共に、保有する倉庫に太陽光発電システムを導入しております。当施設の屋上にも太陽光発電システムと、LED照明を導入し環境にかかる負担の低減に貢献します。

giontaiyoukou
sagamihara_img01

sagamiharacenter04

1階の有効天井高8m、2~4階の有効天井高6mと高さを活かした保管スペースと東側接車バース78m、西側接車44mと十分な積降作業スペースを持っており作業効率も大幅に向上しております。1階~3階 冷凍・冷蔵・常温・高床式も対応可能です。
※4階は保管から廃棄までを一括管理が可能な機密文書保管倉庫専用になります。

建物概要

名称 ギオン相模原センター
所在地 神奈川県相模原市南区当麻2650番22当麻宿2街区2番
竣工/営業開始 2015年2月末/2015年3月
構造 PC免震構造4階建て
敷地面積 7,267.56坪/24,025.00m2
建築面積 2,395.06坪/7,917.58m2
延床面積 8,366.41坪/27,657.58m2
有効高 1F 8m、 2F~4F 6m
床荷重 1F~4F 倉庫:1,500kg/m2
1階床形式 低床式(高床式への変更も可)
その他(環境対応設備・事業継続対応) 太陽光発電、LED照明、免震構造、PC圧着関節工法

アクセス

物流倉庫に関する情報は、下記までお問合わせ下さい

TEL:042-771-1151

FAX:042-774-7897

sagamihara_inq_btn