環境への取り組み

環境理念

環境保全の基本は地球への「やさしさ」だと考えます。 社員一人ひとりが環境に対する意識を持ち、人や社会、自然や地球を思いやる「やさしさ」を企業活動すべてに活かし、より豊かな社会の発展に貢献します。

行動指針

1.資源・エネルギーを大切にする事業活動

限りある資源を大切にし、省資源・リサイクル活動を積極的に推進し、全事業所でのISO14001の取得を目指しております。 またエネルギーを効率的に活用するよう努めます。ギオングループ企業の株式会社ギオンリサイクルでは、相模原市内の自社工場にて、リサイクルの中間処理事業を行なっております。

2.環境に配慮した製品の創造

排出ガスの浄化・CO2の低減など、クリーン技術を活かした環境との調和に配慮した製品を積極的に導入します。 株式会社ギオンでは、一部で既に電気冷凍車を導入し、テスト走行をしております。燃費で10~15%の向上を見込んでおり、エンジン負荷の大幅な低減、騒音防止などの効果が期待できます。 電気自動車は燃費に優れているだけではなく、環境にもやさしいため、今後運用していく中で更なる性能アップを図り、環境保全に努めてまいります。

 

3.CO2を排出しないため地球環境へ貢献

地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量は増加の一途をたどり、なかでも二酸化炭素はその約80%を占めています。部門別では、工場などの産業部門からの排出量が最も多くCO2削減が急務となっております。 ギオングループでは、保有する倉庫に太陽光発電システムを導入しており、設置した太陽光発電システムの年間想定発電量は約1,300,000kWh(平成25年8月現在)となっております。 再生可能エネルギーの一つである太陽光発電システムの導入は、空調設備の年間消費電力を削減するだけではなく、CO2削減に繋がります。

 

4.社員一丸となったよい環境づくり

社内で環境教育の徹底や環境情報の提示により、地球環境に対する従業員の啓発活動を積極的に推進します。

(1)ISO14001(環境マネジメントシステム)の認証取得ギオングループでは環境理念を作成し、2002年4月に22事業所で取得し、環境問題に取り組んでいます。

(2)エコドライブ デジタルタコグラフの装着を推進しており、ドライブレコーダーと合わせてエコドライブ推進に役立てております。また、社外講師を招きエコドライブ講習会を定期的に実施しております。

5.社会や地域と共生

私たちは事業活動に留まらず、環境保全に寄与する社会や地域に根ざした活動にも積極的に取り組みます。町の美化清掃活動として、社員によって毎朝30分程度、本社周辺(本社ビルを中心に半径50mほどの円に含まれる範囲)の歩道の清掃を行なっています。これにより、地域の美化への貢献で神奈川県県央地域県政総合センターから表彰を受けました。