ドライバー職

ドライバー職

 

会社の顔であり、ギオンの配送力を支え発展させる

物流企業においてドライバーは会社の顔です。配送効率を上げるだけでなく、安全第一で事故防止に対する意識も高く持ち、様々な課題にチャレンジする姿勢が欠かせません。ただ物を運ぶだけでなく、物流の最前線で働くドライバーが常に改革・進化を目指すことで、物流の現場が発展していきます。

 

仕事の概要

お客様からお預かりした商品を大切に配送する仕事です。しかし、ただ配送するだけでなく、交通事故、商品事故等にも気を配り、配送効率の提案などを行い、お客様から信頼されることが大切です。数多くの物流企業の中からギオンを選んで頂くには、お客様から信頼されるドライバーになることが一番重要です。ドライバーは、会社の顔になる仕事・これからのギオンを作る仕事ができます。

 

ドライバー職の3つの特徴

(1)お客様とダイレクトに向き合える

物流会社の従業員の中で唯一、配送先のお客様と向き合えるのがドライバーです。納品の際のお客様への対応や挨拶は会社の質を表します。つまり、会社の顔としてお客様と接することができる仕事です。挨拶も十分にできないドライバーはお客様からの評価も下がり、同時に会社の評価も下げることになります。逆に元気の良い挨拶や丁寧な納品でお客様から感謝されることもある重要な役割を担っています。

 

(2)ギオンを支える現場の最前線

会社の看板を背負って走ることは、とても大きなことを意味します。時には自ら配送経路を作成し、効率的な配送を実現することもドライバーのミッションです。また、エコドライブ走行によって燃費の向上や環境にやさしい運転を心がけることはもちろん、人身事故や物損事故などを起こさぬよう常に安全に配慮し続けなければなりません。「事故を起こさないことが当たり前」それこそがプロのドライバーです。

 

(3)社会的に重要な役割を果たす仕事

物流は社会の血流に例えられるほど人々の生活に密接に関わっています。物があっても、人々のもとに届かなければ意味がありません。すなわち、ドライバーがいなければ社会は成り立たないということです。ギオンは現在全国に50を超える事業拠点で物流業務を行っています。この一つひとつの事業拠点からドライバーが配送することで、人々の生活を支える社会的に重要な役割を担っています。

 

サービスドライバー職のキャリアパス例

 

  • 前職:
    珈琲メーカーの工場勤務
    珈琲メーカーの工場で珈琲豆の焙煎を担当していたが、ギオンで働いていた友人に誘われドライバーとしてギオンに転職。
  • 第一事業部
    ドライバー
    お客様対応が評判となり、複数の配送ルートを任される。模範ドライバーと評価されリーダーへ昇格。
  • 第一事業部 東京T
    マネージャー
    運行管理や配車など管理業務を経験。そして、職場内でのリーダーシップを評価されマネージャーへ昇格。

 

  • 前職:
    他社物流会社ドライバー
    コンビニを中心に小売店への配送ドライバーとして、食品をメインに運んでいた。更なるレベルアップを目指してギオンに入社。
  • 第一事業部
    ドライバー
    3年連続無事故・無違反で社内表彰を受ける。安全に関する社内提案を積極的に行い、チーフへ昇格。
  • 第一事業部 東日本T
    マネージャー
    安全に関する意識を評価され、お客様に提案する営業部門へ。お客様からの信頼を頂きマネージャーへ昇格。
  • 第一事業部 東日本T
    ゼネラルマネージャー
    営業部門で培った経験を活かして複数拠点の統括責任者として活躍。

 

 

>>現在募集しているドライバー職はこちらから<<